注目の投稿

ホームページをリニューアルしました!

ホームページをリニューアルしました! https://www.yusatoweb.com バラエティパックのようなこれまでの活動を一望できるページです。 最近埋もれていた過去のあの活動も多数紹介しています。 いろいろなところをたくさんクリックして楽しんで...

2021年1月27日水曜日

【オンライン】おとなも こどもも どなたでも 体で描く 美術鑑賞【プログラム】

月イチでオンライン美術鑑賞プログラムを開催しています。

来月は21日(日)の13:00〜と19:00〜の2回開催します。
申込みはこちらのページから

13:00の回

19:00の回

以下詳細です。

===============



 イベント主催:鑑賞プログラマーの佐藤悠です。アーティストとして活動をする中で、美術鑑賞に興味を持ち、「つくる」ことから「見る」ことを照らし返す視点で、美術館や企業研修、教育現場での鑑賞プログラム制作を行っています。


「鑑賞」というと、作品や作家の情報をインプットする側面がイメージされやすいですが、それと同時にアウトプット=表現を行うことで、鑑賞体験の発展・定着が、より豊かに起こると考えています。


昨年からはオンラインのプログラムに特化し、これまで多数の実践を行ってきました。

参考:https://www.yusatoweb.com/kanshou

======================


【内容】
「おとなも こどもも どなたでも 体で描く 美術鑑賞」





最近、鑑賞する時の「ことば」や「距離」のことを考えています。

どんな言葉のやり取りや、作品との距離が生まれると、より豊かな体験ができるのか?

普段は使わない言葉の使い方や、見るだけでなく、作る=アウトプットを同時に行うことで、

いつもとは違う言葉と距離で、作品や自身を見つめ返す体験が生まれればと思っています。

今回は、「手話」を入り口に、身体表現を使いながら作品を鑑賞します。

相手に何かを伝えようと言う気持ちで、体を動かしながら、

最終的にはそれぞれのやり方で、体を使って鑑賞体験や、

鑑賞したものを描ける様になっていればいいなと思っています。


【タイムテーブル(全体で2時間30分を予定)】

・挨拶               10分
・ウォーミングアップ「手話クイズ」 20分
・鑑賞と共有            30分
・休憩
・感想を手話に置き換えてみる    15分
・手話から離れ、体で絵を描く    25分
・休憩
・発表・共有            40分


【参加】
:プログラムに参加(ビデオ・音声オン) 1,000円 (6名限定・小学生以下無料)

大人+子どもでの参加可能です。内容を最初から親子向けにするよりも、「基本としては大人向けだけれど、いつのまにかお子さんも一緒に参加しちゃったパターン」のほうが、お子さんも参加・集中しやすいと、最近気づき始めたので、今回もそのようにします。

内容はお子さんも楽しめるものですが、基本的には大人準拠で進んでいきます(なので、大人単独参加ももちろん歓迎です。大人の中にひょっこり子どもがが混じっている画面がベストかな)。

お子さんは2時間半ずっと集中して参加するのも大変かと思いますので、途中で飽きたら別のことを好きにしてもらって、興味のある部分でまた加わってもらえれば問題ありません。子どもさんが離脱したら、保護者が引き継いでもらっても良いので、途中離脱を恐れないでください。

鑑賞に興味のある方はもちろん、対話を用いた鑑賞を更に発展させたい方や、逆に対話や言語から距離をとったプログラムを体験されたい方、ご自身でプログラム開発を行ってみたい方などにおすすめです。

=================================

【注意事項】

*ZOOMでの開催となります。

*中高生の参加も歓迎です。

*1月23日におこなった「ほんやく鑑賞」とほぼ同内容のものとなります。

*プログラムに参加される方は、メモができる紙とペンなどをご用意ください。

*必ずビデオと音声をオンにして参加してください。

*ZOOMのチャット機能を使用します。

*体を動かすので、なるべくなにもない場所が望ましいです。
 できればカメラに体の大部分が映るくらい、距離が取れる空間が望ましいです。

*作品がよく見えるよう、タブレットやパソコンなど、なるべく大きな画面を使用することをおすすめします。

*申し込みされた方に、当日までにZOOMのアドレスをPEATIX経由でお送りします。

*時間が合わない方は、昼の回もあります。
https://peatix.com/event/1797046/view

=================================

佐藤悠:
2017 東京芸術大学先端芸術表現科博士課程 修了
一見何も無いところから、誰かが関わる事で表現が紡がれてゆく現場を作っています。主な活動に1枚の紙に絵を書きながらその場にいる全員で即興で物語を作る「いちまいばなし」、特筆すべき物が何も無さそうな僻地に赴き、現地を半ば強引にリポートしてゆく「やけくそさんぽ」シリーズ、知ったかぶりになるためのアート講座「知ったかアート大学」等がある。近年は鑑賞プログラムの制作も行う。

鑑賞プログラム開催実績:
2018 宇都宮美術館 :一般来場者に向けて鑑賞プログラムを設計 延1800組が参加
2018 一宮市立三岸節子記念美術館 :親子来場者に向けて鑑賞プログラムを実施
2018 平塚市美術館 :鑑賞ボランティアに向けて 鑑賞プログラムを実施
2018 北九州市立美術館:鑑賞ボランティアに向けて 鑑賞プログラムを実施
2019 東京大学大学院教育学研究科岡田猛研究室 共同研究として鑑賞プログラムを実施
2019 茨城県取手市 取手アートプロジェクト:社会人・親子向けのプログラムを数回実施
2019 福島県喜多方市役所:若者の自分磨き事業として鑑賞プログラムを実施
2020 十和田市現代美術館:幼保研修として教員に向けて、鑑賞プログラムを実施
2020 マリキータ ~子供専門・造形絵画教室~:親子向けオンライン鑑賞プログラムを実施
2020 ダイキン工業株式会社:オンライン研修として鑑賞プログラムを実施(2回)
2020 日本たばこ産業株式会社:オンライン研修として鑑賞プログラムを実施
2020 東京大学教育学部附属中学校・高等学校にむけて オンライン鑑賞プログラムを実施
ほか

佐藤悠ウェブページ

0 件のコメント:

コメントを投稿

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「いちまいばなし」 by 佐藤悠 is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 License.