スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2021の投稿を表示しています

【オンライン】おとなも こどもも どなたでも 体で描く 美術鑑賞【プログラム】

月イチでオンライン美術鑑賞プログラムを開催しています。 来月は21日(日)の13:00〜と19:00〜の2回開催します。 申込みはこちらのページから 13:00の回 19:00の回 以下詳細です。 ===============   イベント主催:鑑賞プログラマーの佐藤悠です。アーティストとして活動をする中で、美術鑑賞に興味を持ち、「つくる」ことから「見る」ことを照らし返す視点で、美術館や企業研修、教育現場での鑑賞プログラム制作を行っています。 「鑑賞」というと、作品や作家の情報をインプットする側面がイメージされやすいですが、それと同時にアウトプット=表現を行うことで、鑑賞体験の発展・定着が、より豊かに起こると考えています。 昨年からはオンラインのプログラムに特化し、これまで多数の実践を行ってきました。 参考: https://www.yusatoweb.com/kanshou ====================== 【内容】 「おとなも こどもも どなたでも 体で描く 美術鑑賞」 最近、鑑賞する時の「ことば」や「距離」のことを考えています。 どんな言葉のやり取りや、作品との距離が生まれると、より豊かな体験ができるのか? 普段は使わない言葉の使い方や、見るだけでなく、作る=アウトプットを同時に行うことで、 いつもとは違う言葉と距離で、作品や自身を見つめ返す体験が生まれればと思っています。 今回は、「手話」を入り口に、身体表現を使いながら作品を鑑賞します。 相手に何かを伝えようと言う気持ちで、体を動かしながら、 最終的にはそれぞれのやり方で、体を使って鑑賞体験や、 鑑賞したものを描ける様になっていればいいなと思っています。 【タイムテーブル(全体で2時間30分を予定)】 ・挨拶               10分 ・ウォーミングアップ「手話クイズ」 20分 ・鑑賞と共有            30分 ・休憩 ・感想を手話に置き換えてみる    15分 ・手話から離れ、体で絵を描く    25分 ・休憩 ・発表・共有            40分 【参加】 :プログラムに参加(ビデオ・音声オン) 1,000円 (6名限定・小学生以下無料) 大人+子どもでの参加可能です。内容を最初から親子向けにするよりも、「基本としては大人向けだけれど、いつのまにかお子さんも一緒に

小学生の頃の絵が本になりました!

 小学生の頃の絵が本になりました! 昨年、知ったか大のゲストでもきていただいた、 自由帳研究家すずきこうせいさんの著作「自由帳見せて!」が明日15日に発売されます。 https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=6765 「めいろ」「くじ」「かいじゅう」・・など、すずきさんが集めた100冊以上の自由帳の中に描かれた膨大な表現を分類し、各ページに散りばめた本になっています。 小学生の頃、ロックマンのボスキャラ募集にインスパイアされて、 描き始めた自分の絵も、何点か掲載されています。 書店やネットでぜひお買い求めください!