スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2014の投稿を表示しています

コクーンキッズアトリエ「夏のワークショップフェスティバル」

ショッピングモール コクーン新都心 で4月から行ってきた「コクーンキッズアトリエ」。 8月は 4週に渡って 4人のアーティストによる企画を各6日づつ 行うスペシャル企画、 「夏のワークショップフェスティバル 」を開催します。 会期は計24日間。 ショッピングモールの中 でこのような長期のワークショップを する機会は なかなか無いと思うので、継続的な活動の中でどんなモノやコトが産まれてくるのか 非常に楽しみです。 夏休みのおでかけがてらエンジョイするもよし。 自由研究のネタにするもよし。 皆さんこの機会にぜひコクーンへ! 【スタッフ募集】 現在以下の日程のボランティアスタッフを募集しています。 ①8月5日(火)6日(水) ②8月12日(火)〜17日(日)     ③8月26日(火)〜31日(日)   参加希望の方は参加したい日時と氏名をコチラまで送って下さい。 担当 岩澤  arcialfor.nat@gmail.com フライヤーPDF コクーンキッズアトリエ 「夏のワークショップフェスティバル」 会場:コクーン新都心 西館1F キッズスペース 日時:①8月5日(火)〜10日(日)     ②8月12日(火)〜17日(日)        ③8月19日(火)〜24日(日)     ③8月26日(火)〜31日(日)        11:00〜16:00 対象:4歳以上小学生以下のお子様 主催:コクーン新都心 参加方法:1)当日のお買上げレシートをお持ち下さい。       (レシート1枚につきお1人様ご参加頂けます)      2)コクーンキッズファンクラブの会員様は、        キーホルダーの提示でお1人様参加頂けます。      *各プログラム参加予約はできませんので、当日会場にてお申し込み下さい。       また、会場の混雑状況によっては参加人数の制限を行ったり、       参加をお待ち頂く場合があります。ご了承下さい。 ーーーーーーーーーー 「コクーンキッズアトリエ」では、今年4月から月に1回のペースでワークショップを行

コクーンキッズアトリエ「みんなのユニフォームコクーンTシャツをつくろう」vol2

キッズアトリエ4回目。 先月のTシャツは大変好評でした。 作ったものを着て来てくれるといいなぁ。 先月までの活動はコチラ。随時更新しています。↓ キッズアトリエブログ 「みんなのユニフォームコクーンTシャツをつくろう」vol.2 日時:2014年 7月26日(土) 7月27日(日)     ①11:00〜 ②12:30〜 ③14:00〜 ④15:30〜  (11時より会場で各回の受付を行います。 各回10名の定員に達し次第受付を終了しますので、  参加希望の方はお早めにお越し下さい。 ) 会場: コクーン新都心  (さいたま市大宮区吉敷町4-267-2) 西館1F キッズスペース 対象:4歳以上小学生以下のお子様 参加方法:1)当日のお買上げレシートをご提示ください       (金額に関わらず1枚につきお1人様参加可)      2)コクーンキッズファンクラブの会員様は        キーホルダーの提示でお1人様参加頂けます。 主催:コクーン新都心 お問い合わせ:代表 佐藤 c12o20h22you@yahoo.co.jp

7月の活動

7月11日(金)12 日(土) 常陸太田アーティスト イン レジデンス 第3回アートミーティング in 常陸太田 今年1月にもお邪魔した常陸太田アーティスト イン レジデンスで、 再び「いちまいばなし」を行います。 前回もかなり盛り上がったので、とても楽しみです。 ゆうことはなし 第1回アートミーティング   台風接近のため、企画は中止となりました。 ご了承ください。 日時: 1回目:7月11日(金)19:00~21:00 ところ:山吹運動公園内親水公園休憩スペース(茨城県常陸太田市新宿町1) 定員:20名 2回目:7月12日(土)10:30~12:00 ところ:旧郡戸幼稚園(茨城県常陸太田市松栄町1-28-1) 定員:30名 ○お申込み方法 電話、電子メール又はFAX等でお申込み願います。 ※各回とも定員になり次第、締切といたします。 【申込み・問い合わせ先】 常陸太田AIR事務局 (常陸太田市役所少子化・人口減少対策課内) 〒313-8611常陸太田市金井町3690 TEL:0294-72-3111(内線346) FAX:0294-72-3002 E-mail:kikaku3@city.hitachiota.lg.jp ◆ ◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ 7月12 日(土) 拝借景 比の無い処に煙を立てる 【FM 拝借景 】 第2の地元取手で行われる展覧会の企画で、ラジオのパーソナリティーを担当します。 今回はほんとに電波を飛ばすミニラジオです。近くの方は受信してね! 日時:7 月 12 日(土) 19:30~  場所:常磐線「取手駅」下車徒歩10分  マップ 入場料:夕食 & 酒代程度 拝借景に集う、いつものメンバーのアート談義 をラジオ配信。 ラジオパーソナリティー:佐藤 悠(さとう ゆう) ゲスト:羽原 康恵(はばら やすえ)     飯島 悠介(いいじま ゆうすけ) (協力:茨城県守谷市・ARCUS Project ) 詳細: 拝借景 *展覧会自体は以下の予定で開館しています。 会期:2014年7月5日(土)6日(日)12日(土)13日(日)  

ショッピングモールという場

今自分の活動の中には大きく3つの柱がある。 まずは「ゴロゴロ莇平」のように、継続的に場に関わる活動。 もうひとつは「いちまいばなし」のような、場に依拠しない即時的な活動。 そしてもうひとつがショッピングモールでの活動である。 モールが自分にとって、 ひとつの新たな「場」になるのではないかと思って始めたこのプロジェクトも、はや3年。 今年はコクーン新都心というさいたまのモールで、初めて月に1度というペースで活動を行っている。 これまでレジデンスやプロジェクトを行った場所には多かれ少なかれ住んでいる人がいて、 そこにまず僕も住み始めて、僕がその場に「いる」という事が関係の始まりになっていた。 朝起きて、作業場に向かい、仕事をし、物を買い、料理をし、飲んで食って、寝る。 そんな毎日の生活を過ごして行く中で、 場所がだんだんなじんで来て、初めての場所が見慣れた場所になって行く。 行きつけの場所が出来る頃には、顔なじみや知り合いも出来てくる。 顔を知り知られ、少しずつ話せる人が増え、定期的に会う人も出てくる。 多様な人たちとの付き合いが出来、宴会等によばれる様になる頃には、 最初は解らなかったその場の見えざるルールやテリトリー、ヒエラルヒーなんかも見えてくる。 活動しながらある期間をまずは滞在する事で、場が自分のものになってゆき、 そこで自分が何をして行くべきなのかをだんだん考えられる様になってくる。 ケ(日常)を過ごす事で、どのようにそこにハレ(非日常)を組み立ててゆくのかというのが、 僕の「場」で行う活動のプロセスである。 その場で生活する事が、「場」への一番自然なアプローチだと僕は思うし、 「場」に対する物作りは、その場でふつうの生活を行う事から始まるのだと思う。 莇平のゴロゴロも若葉台のドラゴンも、なぜそれがそこに必要だったのか問われても、 最終的には、その場で過ごす中でそこにそれが合うと思ったからと言うしか無い様な気もする。 そんな場への関わり方がなかなか出来ないのが、このショッピングモールという場所だ。 モールはこれまでのような生活を伴う場とは違い、誰もここで暮らす事は出来ない。 また、ハレ(非日常)とケ(日常)という概念も、