スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2014の投稿を表示しています

「いちまいばなし」in 常陸太田アートミーティング

落噺の興奮冷めやらぬ翌日26日は茨城県を北上し、 常陸太田(ひたちおおた)で、「いちまいばなし」を開催してきました。 ここでは、昨年の10月より 常陸太田アーティストインレジデンス が始動し、 アーティストが1年間の長期滞在をしながら、 地域で活動を行ってゆくプロジェクトが始まっています。 そんな中、地域の方に向けてのオープンイベントとして開催された、 常陸太田アートミーティングにゲストアーティストとして招かれ、 「いちまいばなし」の実演を行ってきました。 まだ「いちまいばなし」あんまり知らないよ。。という方は 以下のページを見てもらうと良いかもです。   「いちまいばなし」とは? 「いちまいばなしのうらばなし」 「いちまいばなしのうらばなし」ラジオ版 20名前後の参加者で、1日3ステージ。 久しぶりに密な「いちまいばなし」の日になりました。 前日の橋本さんに負けない様に、師匠も頑張ります。 どの回も老若男女様々な人が集まり、会場は盛況。 「いちまいばなし」というものの面白さへの反応も良く、 みなさん良く話し、良く笑ってくれます。 そんな中で来た「いちまいばなし」は、 1話目:少子化問題から始まり、なぜか人間とチーターの戦いになってゆく話、 2話目:福島の原発が、なんやかんやで宇宙のホットケーキになってしまう話、 3話目:運動会の借り物競走で1位を取りたいお姫様の夢の話、 の3本で、 特に1話、2話目は社会的なトピックから始まるなかなか珍しいお話。 1話目の 少子化問題というのは、 常陸太田が 子育て支援に力を入れている事 ( 「子育て上手」 ) があったり、 2話目の原発についてはここが原発に近い事もあったりと、 土地柄に強く関係するところから始まった物語でしたが、 結末はいつも通り、何とも言えないカオスな物となりました。 それに比べると3話はお姫様の登場で全体的にだいぶおとぎ話調となり、 1見まとまりは良かったのですが、 お姫様が借りてくる物が「元カレ」と判明した所で場内は一変。 生々しい借り物に沸き立ちました。 そんなこんなで、出番は無事終了。 かなり感触も良く、皆さんに楽しんでもらえた様です。 昨年の1

「落噺/おちはなし」開催。

先日の土曜は、トークライブ「落噺(おちはなし)」を3331で開催しました。 延べ30人近くの来場者が訪れ、会場は大いに盛り上がりました。 まず来場者を迎え入れるのは、スタッフが今日のために急遽用意してくれたゴロゴロクッキー。 また、参加表明が早かった方には粗品をお渡ししました。 14時になるといざ開演。 まずはイベント主催者自ら前説。 そして始まる 「キネマランド」 のミニライブ。 ボーカルの柴崎さんは「いちまいばなし」の歌のお姉さん。 今日は本業のバンドの方で会場を盛り上げてくれました。 乗りまくる柴崎さんと、寡黙にベースを奏でる田中さんの姿が対照的でした。 さて、お次は皆さんおなじみの「いちまいばなし」。 でも今回の司会進行は、私ではなく一番弟子の橋本さんです。 苦しみながら、迷いながらの進行。 果たして、どんな物語が生まれるのか? なんだかんだで結構ウケてます。 恥ずかしい子にはコッソリ聞きます。 紆余曲折ありながら、「めでたい魚パーティー」が完成。 「めでたいさかなパーティー」 2014年1月25日 東京都千代田 あるところに海がありました。 時代は昭和でした。 その海では小学生の女の子が浮き輪をして泳いでいました。 その女の子の目的は魚を1000匹とることでした。 魚を網を使って取ろうとしていました。 魚パーティーをしたかったのです。 魚パーティーは,魚をいっぱい食べるパーティーです。 魚パーティーにはおばけをよびました。 これから来るUFOを歓迎するパーティなのです。 宇宙の大統領もよびました。 一方女の子は魚を999匹までとることができたのですが, 最後の1匹を探していました。 その最後の1匹がいないとパーティーが始まらないので UFOが女の子を助けることになりました。 UFOに搭載された魚群探知機で魚を見つけ, 「ここに行けば魚がいるよ」と女の子に教えてあげました。 女の子は一生懸命そこに向かって泳いだのですが, なかなかたどり着けませんでした。 女の子は自分でも知らなかったのですが,実は人魚で, 探していた最後の1匹となり捕まってしま

「いちまいばなし」&「えほんのはた」ワークショップin アトリエティエラアスール

先週の日曜は、千葉県は佐倉市にある アトリエティエラアスールこども造形教室 にて、「いちまいばなし」と「えほんのはた」作りのワークショップを行ってきました。 今回集まってくれたのは、年中さんから小学5年生までの16人。 久しぶりになかなかの大人数でのワークショップでした。 アトリエについた参加者がまずするのは、即興物語作り…ではなく、 お昼ご飯のスープとフォカッチャの下ごしらえです。 アトリエの先生からの提案で、今回のワークショップはお昼ご飯付き。 最近はこういった料理を普段から活動に取り入れている造形教室も多いみたいですね。 材料を混ぜてフォカッチャの生地作り。 外ではスープ班がみんなで持ち寄った野菜を切っています。 まとまって来たら、交代で100回ボールに叩き付ける! 男の子達はかなり盛り上がってました。 最初に体を動かすと心もほぐれてゆくようで、 この後の物語作りの良い導入になったと思います。 さて、下ごしらえが一段落したら、いよいよ「いちまいばなし」作りのスタート。 16人を8人づつの2チームに分け 、それぞれが即興物語を作ります。 まだ「いちまいばなし」あんまり知らないよ。。という方は 以下のページを見てもらうと良いかもです。   「いちまいばなし」とは? 「いちまいばなしのうらばなし」 「いちまいばなしのうらばなし」ラジオ版 お昼作りの導入が良かったのか、1話目から会場は大盛り上がり。 大きな笑い声と、みんなが飛び跳ねる音の中、以下の2作が出来ました。 ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ 「大根泥棒」 2014年1月19日  千葉県佐倉市 異次元にみじん切りになった大根が浮かんでいました。 大根は、スープを作ろうとしていた泥棒から飛んでいった物でした。 ごはん好きの泥棒は、大根が飛んで行ってしまったので、 また盗みに行く事にしました。 森に行くと宇宙人の畑に大根があったので、 盗もうとすると、その大根も飛んで行ってしまい、 泥棒が階段を作って取ろうとすると、階段は壊れてしまいました。 そこで今度はヘリコプターで大根を取ろうとすると、 ヘリコプターは

トークライブまで後わずか!

あと8日に迫ったトークライブ「落噺」 今週はゲストの方達と打ち合わせ週間です。 火曜は「いちまいばなし」の実演を行って頂く、橋本さんとミーティング。 橋本さんは一昨年黄金町バザールで 「いちまいばなし」に 出会い、 ひょんなことから実演を担う 一番弟子になりました。 といっても、まだまだ彼女の出番を用意する事は容易ではなく、久しぶりの登板になります。 しかし、経験が浅いからといって侮る事なかれ。 かれこれ3年、200ステージ以上の「いちまいばなし」をこなしている僕ですが、 「いちまいばなし」は熟練すれば、より面白い物語が出来るかと言えばそんな事は無くて、 司会があまりにも物語をコントロールする事に慣れたり、余裕があったりすると、 新鮮な想像力を見逃してしまう場合も多々あります。 司会の「巧さ」は 「いちまいばなし」の面白さに何ら関係ないのです。 (といって、橋本さんがヘタというわけではありませんよ。人前に立つのに十分な腕前を持っております。) なので、もしかしたら本質的に新しい面白さをもった「いちまいばなし」は、 実は彼女の様な初々しい立場こそが生み出せるのかもしれないと僕は思っていて、 橋本さんの作る物語をとても楽しみにしています。 25日は、司会も必死になって参加者と迷いながら物語の展開をたぐってゆく、 コントロールの利かないスリリングな展開の「いちまいばなし」をどうぞご期待ください。 そして水曜はその「いちまいばなし」の物語を曲にして歌ってくれる、 「いちまいばなし」うたのお姉さんこと、柴崎さんとミーティング。 昨年5月に代々木公園でのイベントで、 「いちまいばなし」を実演している時に出会った柴崎さん。 音楽活動をしているという事で、 以前「いちまいばなし」の歌を作りたいと思っていた事を話してみると、 じゃあやってみようとなって、それから曲作りを重ね、 ライブハウスやイベントでの発表も何度か行ってきました。 ほとんど音楽との接点がない僕と彼女の間で、 「いちまいばなし」と、「曲」という物を融合させるのに最初はとても苦労しました。 即興の集合知で出来たいびつな物語の破壌した世界観を、どうやって曲にのせるのか? その落

1月の活動

新年あけてもう10日も経ってしまいました。 巷で話題沸騰の 「やけくそラジオ」 の方はもう聞いて頂けましたでしょうか? この土日は新潟莇平の 「塞の神」に行ってきました。 これは稲藁を燃やす 火祭り行事 なのですが、 5年前からその中にゴロゴロも入れて一緒に焚き上げています。 お祝いの品を並べ、年男年女による儀式、祝詞等が読まれた後、 火をつけ一気に燃やします。 ゴロゴロにそって藁を敷き詰めて行くので、本体はあまり見えませんが、 形にその名残が見えます。 夏に作られたゴロゴロ はこの行事で無に帰り、また今年の制作へ繋がってゆきます。 そんなこんなで1年の始まりの行事を終え、またこちらへ帰ってきました。 2014年も張り切って行きたいと思います。 続いて今月の出演情報です。 ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ 1月19 日(日) 【「いちまいばなし」ワークショップ in アトリエティエラアスール 】 千葉県佐倉市にある、子ども造形教室 アトリエティエラアスールにて、 「いちまいばなし」と「えほんのはた」作りのワークショップを行います。 素敵な庭と畑に囲まれたアトリエで、物語だけではなくスープも作ります。 時間: 10時〜14時30分 場所:   http://tierra-azul.com/atelier_Tierra_Azul/ACCESS.html WEB: http://blog.tierra-azul.com/?eid=975316 1月25 日(土) 【トークライブ「落噺」 】 佐藤悠が行ってきた活動を落語漫談風の語り口調で伝える新たなメディア「落噺」(おちはなし)。第1回目の今回は、新潟で毎年開催している3mの竹球に乗って坂を下る謎の私祭、『ゴロゴロ莇平』(あざみひら)について笑いあり、涙ありで語り尽くす! 莇平おなじみの風景、あるあるネタ、声帯模写も多数登場。貴重な「いちまいばなし」の歌も披露。ここでしか聞けない抱腹絶倒のエピソード満載。多数のゲストを招き、盛りだくさんの内容となっております。御無沙汰の方も初めての方もどうぞよろしく。 時間: