スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2013の投稿を表示しています

1月25日 トークライブ開催!!

佐藤悠 トークライブ 「落噺」 (おちはなし) 概要: 佐藤悠が行ってきた活動を 落語漫談風の語り口調で 伝える新たなメディア「落噺」(おちはなし)。第1回目の今回は、新潟で毎年開催している3mの竹球に乗って坂を下る謎の私祭、『ゴロゴロ莇平』(あざみひら)について笑いあり、涙ありで語り尽くす! 莇平おなじみの風景、あるあるネタ、声帯模写も多数登場。貴重な「いちまいばなし」の歌も披露。 ここでしか聞けない抱腹絶倒のエピソード満載。多数のゲストを招き、盛りだくさんの内容となっております。御無沙汰の方も初めての方もどうぞよろしく。 とき: 2014年1月25日(土)14時00分〜(開場13時30分) ところ: 3331Arts Chiyoda 3F 308  日々の明々後日(ヒビノシアサッテ) 東京都千代田区外神田6丁目 11-14-308 料金: 一般:1000円 学生:500円 小学生以下:200円  *1月15日までにメールで参加の連絡を頂いた方には、粗品を進呈足します。 プログラム(仮): 挨拶  歌 キネマランド  「キネマランド ミニライブ」 実演 橋本晃子   「いちまいばなし」        実演 佐藤悠    「いちまいばなし」のうらばなし  実演 柴崎あゆみ  「いちまいばなし」の歌      休憩  落噺 佐藤悠    「ゴロゴロ莇平」        アフタートーク    おまけ:地方過ぎて伝わらないモノマネ「莇平集落編」5分 お問い合わせ: mail : c12o20h22you@yahoo.co.jp *最新情報はこのブログでお伝えします。 その他: このトークライブにおける諸経費を差し引いた収益は、 2014年夏に行わる「ゴロゴロ莇平」の制作活動費に充てられます。 ゴロゴロ莇平とは? 会場で実施クラウドファウンディング風「ゴロゴロ募金」(特典付き)   特典A  500円 「ゴロゴロリクエスト」 夜ゴロ(開催前夜の儀式)の中で、ゴロゴロの安全祈願と共に、 任意のお願いをあなたに代行して願っておきます。 特典B 1000円 「ゴロゴロリンク」 特典A+ 今後佐藤がゴロゴロ関連の記事をブログやfaceboo

「いちまいばなし」&「えほんのはた」ワークショップ in マリキータ

先日ここでもお知らせした、 表参道にある子ども専門•造形絵画教室「 マリキータ」で、 即興物語作り「いちまいばなし」と、 物語のヴィジュアルを布で再構成する「えほんのはた」のワークショップを 開催してきました! 思えば「えほんのはた」を制作するのは去年の黄金町以来、 ほぼ1年ぶりくらい。 時がたつのは早いものです。 今回は、4歳から9歳までの6名の子どもたちを中心に、 スタッフの先生方や保護者の方も含めた11名で 「いちまいばなし」と 「えほんのはた」を制作しました。 まだ「いちまいばなし」あんまり知らないよ。。という方は 以下のページを見てもらうと良いかもです。   「いちまいばなし」とは? 「いちまいばなしのうらばなし」 「いちまいばなしのうらばなし」ラジオ版 集まった子達はそれぞれ知り合いや姉妹もいましたが、 もちろん共同作業は初めて。 開始前から、何とも言えない緊張感が現場に立ち現れます。 実は面白い「いちまいばなし」を作るにはこの「緊張感」が必要不可欠。 気の知れた仲間同士でやる時よりも、 その場で会った 他者を意識しながら想像したイメージの方が、 発言者の業や性を呼び覚まし、物語に生気が宿ります。 自己紹介をしてから、さっそく「いちまいばなし」を作ってゆきます。 いきなり人前で自分の意見を表明しなければならない状況を強いられるので、 最初はなかなか言葉が出てこない子もいたけれど、 順番が2週する頃には、このワークの面白さを掴んでくれたようで、 誰もが自分の考えた物語の展開を発言でき、笑い声も頻出する様になりました。 そんな中で出来た話は、こんな感じ。 「明日の夜の夢」 2013年12月7日  西麻布いきいきプラザ 明日の夜、人間が倒れていました。 大きな月が出て、小さな太陽が沈んでいました。 人間は島に倒れていて、とにかく周りには人がいなさそうでした。 寝ていたらいつの間にかそこに移動していたようで、 人間は 起き上がって、食べ物を探し始めました。 海の中に潜ると、サメがいたので泳いで逃げ、別の島までたどり着きました。 また島に人は誰もいなかったので、人間は鳥に話しかけてみました。 鳥は今まで見た事の無い様な鳳凰の様

カウンセリングと「いちまいばなし」その3

連載3回目に突入した『カウンセリングと「いちまいばなし」』。 今回が完結編です。 カウンセリングの学校で行った「いちまいばなし」について、 物語を作るその裏側に、参加者のどんな心のやりとりがあったのかを 聞いていったインタビューの模様をお伝えしています。 前回の記事はこちら まだ「いちまいばなし」あんまり知らないよ。。という方は 以下のページを見てもらうと良いかもです。   「いちまいばなし」とは? 「いちまいばなしのうらばなし」 「いちまいばなしのうらばなし」ラジオ版 (注)写真はイメージです。 まずは作った物語をもう一度おさらい。 「みんなの夢」 2013年11月23日 公園でクリスマスが行われていました。 公園には噴水と、切られてしまって半分になった大きな木がありました。 その木から、別の木にイルミネーションが飾られていました。 公園にはお母さんと子どもがいました。 そこにプレゼントが大、中、小とありました。 意外と小のプレゼントが良さそうで、 開けてみるとゲームが入っていました。 それは今まで誰も見た事もやった事も無いゲームで、 切られた木から、噴水まで飛べるかというゲームでした。 プレゼントの送り主は解りませんでした。 もう少し人が来てほしいなと思って、 ラジカセでクリスマスソングを流すと、 人が30人程集まってきて、 みんなで木から噴水に飛ぶゲームをやって、とても盛り上がりました。 ゲームで1等になった人が大きなプレゼント、 2等になった人が中くらいのプレゼントをもらいました。 2等の中くらいのプレゼントは、箱にいっぱい入った宝くじでした。 1等の大きいプレゼントはハワイ旅行で、その場にいた全員分チケットがあったので、 みんなバラバラでハワイへ行きました。 そして、これは全て最初にいた親子の子どもの見た夢でした。 さてここからは前回のインタビューの続き。 この「いちまいばなし」は11人の参加者を2周して作られました。 ここから便宜上、それぞれの参加者を1さん〜11さんと名付けます。 また、それぞれの発話について、 司会の問いかけ 、 問いかけに対する参加者の発言 、 発言の動機やイメージ という3色で表して

12月の出演情報

本日連投になりますが、今後の予定について少しお知らせ。 ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ 11月30 日(土) 【お笑いスカイツリーライブ 】 スカイツリーの間近で見られるお笑いライブで「いちまいばなし」を行います。 団地の中にある公民館をステージに、週に4回行っているライブで、 最近月に何回か顔を出させてもらっています。 とりあえず「いちまいばなし」やってみたいな〜って方におすすめです。 浅草観光の合間にもぜひ!コスパ高し!! 時間: 14:00〜 15:30〜 17:00〜 の各30分公演になっています。 場所:   押上2丁目会館 (MAPここ)    ※東武伊勢崎線 とうきょうスカイツリー駅 東口から徒歩30秒!     開演30分前に芸人さん達がスカイツリー前で呼び込みしています。 料金: ネタを見て頂いてから決めてもらうシステムです。 WEB: お笑いスカイツリーライブfacebook 12 月1日(日) 【 第7回 サスガ☆カミスガ 】 茨城県北部 上菅谷駅を中心に行われている「カスミガプロジェクト」という活動の中の イベントに「いちまいばなし」で参加します。 出演するのは、「軽トラ寄席・かみすが家笑店街」というプログラムなのですが、 かなり大きなイベントで、プログラムは他にも ★ちびっこ商店街 ★熱いバトルが繰り広げられる! ・三輪車レース ・キャタピラレース ・台車でGO! ★みんなで参加しよう! ・フラフープ回し競争 ・走りなわとび競争 ・ほのぼの カミスガ☆玉入れ ★聖地!スポーツ鬼ごっこ開催! ★力自慢集まれ!カミスガ☆腕相撲マシーン ★SING!カミスガ☆トラックステージライブ ★DANCE!カミスガ☆キッズダンス甲子園 ★ここは市場?!花せり ★青soraヨガ ★今回は何かが違う!?「コインをゲットだ! カミスガ ☆RPG」 ★かわいくって大好評!戦豆の猿まわし ★登場!小型カブトムシ型乗り物「ヘラクレスA-1」体 験乗車 ★大人気!かわいいポニーに乗ろう! ★フリーラインスケート試乗体験&デモンストレーショ ン  ★カミスガ名物!ト

カウンセリングと「いちまいばなし」その2

さて、前回に引き続き カウンセリングの学校で行った「いちまいばなし」についてのお話です。 今回は物語を作るその裏側に、参加者のどんな心のやりとりがあったのかを 聞いていったインタビューの模様をお伝えします。 今回は割と玄人向けの内容かもしれません。 まだ「いちまいばなし」あんまり知らないよ。。という方は 以下のページを見てもらうと良いかもです。   「いちまいばなし」とは? 「いちまいばなしのうらばなし」 「いちまいばなしのうらばなし」ラジオ版 *(注)写真はイメージです。 まずは物語のおさらい。こんな話が出来ました。 「みんなの夢」 2013年11月23日 公園でクリスマスが行われていました。 公園には噴水と、切られてしまって半分になった大きな木がありました。 その木から、別の木にイルミネーションが飾られていました。 公園にはお母さんと子どもがいました。 そこにプレゼントが大、中、小とありました。 意外と小のプレゼントが良さそうで、 開けてみるとゲームが入っていました。 それは今まで誰も見た事もやった事も無いゲームで、 切られた木から、噴水まで飛べるかというゲームでした。 プレゼントの送り主は解りませんでした。 もう少し人が来てほしいなと思って、 ラジカセでクリスマスソングを流すと、 人が30人程集まってきて、 みんなで木から噴水に飛ぶゲームをやって、とても盛り上がりました。 ゲームで1等になった人が大きなプレゼント、 2等になった人が中くらいのプレゼントをもらいました。 2等の中くらいのプレゼントは、箱にいっぱい入った宝くじでした。 1等の大きいプレゼントはハワイ旅行で、その場にいた全員分チケットがあったので、 みんなバラバラでハワイへ行きました。 そして、これは全て最初にいた親子の子どもの見た夢でした。 この「いちまいばなし」は11人の参加者を2周して作られました。 ここから便宜上、それぞれの参加者を1さん〜11さんと名付けます。 また、それぞれの発話について、 司会の問いかけ 、 問いかけに対する参加者の発言 、 発言の動機やイメージ という3色で表してゆきたいと思います。 まず、いつもの様に物語の