2016年8月31日水曜日

ゴロゴロ莇平 2016 道中

今年もこの時期がやってきました。
新潟県十日町市莇平集落で09年から毎年お盆に行われている、「ゴロゴロ莇平」のシーズンです。



8月14日深夜。


怪しげな者達を引き連れて、ゴロゴロは製作場所である幸七=想像する家から、
坂の頂上を目指します。



人力で押し上げられるゴロゴロ。
前夜祭の酔いも毎年だいたいこれで一旦抜けます。


今年はロウソクなしにしたら、ものすごく暗かった・・・
来年からまた復活させます。



当日の安全を願って、今年の「夜ゴロ」は終了。

あけて翌15日。
なんと、8年目にして初めてがっつり雨かもしれないという天候が・・



まあ、山の天気は変わりやすいし、雨なら雨のゴロゴロをすれば良いだけ。
とにかく準備を続けます。


2年前から偶然始まった「お心付け」。2014年の様子
去年からは回収役の「お盆持ち」を配役しました。2015年の様子
(写真は今年の可愛らしいお盆持ち)


今年は集落に「お心付け」用の紙も配って、
より多くの「お心付け」をいただく算段を企てました。


といっても、莇平のみなさんからお金をいただくというよりは、
対外的に「お心付け」の雰囲気を高めるというのか目的で、
中身はお菓子や野菜でもOK!
さて、どうなるでしょうか。



開始の14時が近づきます。
まだ雨は降ってない!


ギリギリ、雨を避けて行えそうです。


頂上で配役、音頭の練習をして、いざ出発!



神社の前で毎年恒例のポンプ放水。
今年はやっぱり少し寒い・・・



第一観覧所



庭先からも放水。
十日町の消防団の法被かっこいい!




かけ水をもらうと、ゴロゴロをぐるぐる回して、応えます。
今年は雨が降っていたからか、なぜか上を向きながら回っていた印象があります。


今年生まれた赤ちゃんも、ゴロゴロ見てくれました。
最年少観覧記録がおそらく更新されました。


お心付けも、結構いただいてます。



集落センターのカーブを回ると、そろそろ終盤です


2010年に、かけ水を始めて行った、あらやしきの父ちゃんが今年は復活。


年を追うごとに、盛大になっていったかけ水のルーツは、
この父ちゃんが思いつきで庭先から巻いてくれた、まさにこんなかけ水でした。


今年は、一回水をまいたポンプが軽トラでゴロゴロを追い抜いて、
終盤でもう一度待ち構えているという、アクロバティックなプレーを見せてくれました。


終盤でもお心付けは抜かりなく。


ここでも大回し。


大地の芸術祭以外の年でも、年々外からの見物人が増えて嬉しい限りです。


最後のカーブを回って、



最後の大回し。



最後なので、多めに回します。


見ていただいた方も、雨の中ありがとうございました!


最後にみんなではいチーズ。
見物していた人も加わったのは、今年初めておこったことでした。



伴走の皆さんもお疲れさまでした!


莇平のドン、かやさんともしっかり握手。


お心付けも本当にたくさん頂き、ありがとうございました。


お米やお菓子、そしてお金も。
550円とかが多かったのは、やっぱりゴロゴロとかけているのかな?
それなら来年は莇平の人には、56(ごろ)円で統一するように声かけしようかな?

本当にたくさん応援いただき、今年分のゴロゴロの制作費をまかなうことができました。
ありがとうございました。

莇平、次は収穫祭にお邪魔します。










0 件のコメント:

コメントを投稿

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「いちまいばなし」 by 佐藤悠 is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 License.