スキップしてメイン コンテンツに移動

ゴロゴロ莇平とは?



ゴロゴロ莇平(あざみひら)とは、
新潟県十日町市莇平集落で、09年より毎年行われている活動で、
直径3mの竹製の球体(ゴロゴロ)に作者である佐藤が乗り込み、
莇平集落の頂上から麓まで一気に駆け下りる行いである。


多くの伴走者や見物人を伴い、道中は掛け水やあみ紐等によって盛大に彩られる。 
2009年より毎年お盆の時期に行われ、年を追うごとにその内容は再考され変化している。


詳しくはコチラの動画をご覧下さい。


ウェブサイト:yusatoweb.com

コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

めかくしりとりったい 〜目隠尻取立体〜

「めかくしりとりったい 〜目隠尻取立体〜」 とは、 目を閉じて紙を造形する、しりとりのような遊びです。 やってみると、何気ない色や形がいろんなものに見えてきたり、 自分や他人の物の捉え方が見えてきたりします。 最近考案して3回ほど取手の 「あーと屋 図工室」 で実施しました。 実施してみたら結構楽しくできたので、アーカイブにしておきます。 参加者の数は3人以上から。どれだけ大人数でできるかはまだ未知数です。 対象は「しりとり」ができる人なら、子供から大人まで。 <準備> ・折り紙:1人につき10枚以上  (色や大きさなど多様なものが良い。 両面に色がついているものならなお良い) ・セロテープ、ホチキス:人数分 ・メモ用紙と鉛筆:人数分 ①  まず、折り紙の中から好きなものを1枚選びます。 ② 折り紙を両手で持ち、 目を閉じます。 折り紙の感触を手のひらで感じながら、優しく潰してゆきます。 今どんな形なのか、想像してみながらやると楽しいと思います。 「もういいかな」と思ったところで目を開けます。 *目を開けたら折り紙の形は変えられません! ③ できた形をいろいろな方向からよく見てみます。 じ〜っと見ながら、この形に似ているもの、 この形からイメージするものを想像してみます。 何かに見えてきたら、その名前を 周りの人に見られないよう、 こっそりメモ用紙に書きます。 *折り紙を回したり、ひっくり返したりすると、また違った形が見えてきます。  たくさんのものに見えてきた人は、たくさんメモに書き出してください。 ④ それぞれの作った形が、何に見えたのかクイズ形式で当てあいます。 この形はなんだろう・・? 「花?」「トリ?」「雲?」 ⑤ クイズがひと段落したら、 それぞれさきほどメモに書いた名前(見えたイメージ)を一つ選び、 その言葉と「しりとり」になるように、「次の何か」の名前を 1つ 書きます。 (例:「やま」ー「まりも」) *参加者は、ここで初めて今日の制作で 「しりとり」を行うことを知る方が良いと思います。 *しりとりのルールはユルくて大丈夫。 ・言葉の最後

知ったか大ゼミ 第6回 ゲストトーク 大絵晃世(おおえあきよ)

第6回目のトークゲストは、作家の大絵晃世さんです。 https://www.akiyo-oe.com/index.html 皆さんは、「自由帳」って、描いていた経験ありますか? 自由帳とはその名の通り、 何を描き込んでもよいノートで、多くの場合白無地。 調べてみると、今も様々なメーカーから商品が出ているようです。 学長も知ったか大学初等部の頃、 このノートに某ゲームのキャラクターを みっちり描き込んだ覚えがあって、想い入れ深いメディアです。 (告知ビジュアル参照) 今回のゲストである大絵さんは、 生活に隣接した芸術=「限界芸術」の研究、 またはそれをテーマにした制作活動をされている作家です。 そのテーマの一つに、自由帳についての研究があり、 とても興味深く、夏休みの雰囲気ともマッチするなと思ったので、 今回ゲストにお呼びすることにしました。 当日は、大絵さんの書かれた論文をもとに、 自由帳の歴史、創造性、文化性に迫っていきたいと思います。 https://www.akiyo-oe.com/text-books/index.html ご実家などに自由帳がまだある方は、 ご自身のものを紐解きながらの参加も面白いと思いますよ。 =============================== <日時> 8月1日(土) 19:00〜22時ごろまで 開場18:55ごろ (ルームが開くまで待機室で待ってもらうことがあります。) <参加費>無料 *この会を続けるための支援金を受け付けています。 協力してくださる方は、以下のページからどうぞ。 PayPalかクレジットカードでから支援可能です。 サクッと支援: https://note.com/yusatoweb/n/ne2eadc637b51 もっと支援: https://note.com/yusatoweb/n/n35dccbad8800 <タイムスケジュール> トーク:50分+休憩約5分 X2=2時間 質疑応答タイム:30分 放課後フリートーク:約45分(希望者のみ参加) <定員> 20名ほどの聴講生をイメージしています。 興味を持ってくださる方であれば、どなたでも歓迎します。 お知り合いなどもお誘いいただければありがたいです。

「いちまいばなし」とは?

いろいろなイベントに参加する様になって、 外部からこのページに来ている人も多くなって来たので、 「いちまいばなし」について改めて解説しておくための記事です。 <「いちまいばなし」とは?> 「いちまいばなし」とは、1枚の紙に絵を描きながら、 その場にいる全員で即興で物語を作る遊びです。 様々な人の想像をリレーしながらイメージが広がってゆくので、 誰も予想できないような展開の物語ができてゆきます。 <「いちまいばなし」の作り方> 「いちまいばなし」は1枚の紙、とペン、 1人の司会役と、最低3人の参加者がいれば作る事ができます。 司会役が物語の場面を紙に描き足して行きながら、 順番に参加者へ次の展開を聞いてゆきます。 このような紙芝居屋さんのようなスタイルで行います。物語の始まりと終わりは、拍子木を鳴らします。 1回の物語を作る時間は20〜30分。 上の写真の様に、20人くらいまで参加する事ができます。 参加対象年齢は、言葉、物語が理解できる年齢から(5歳前後〜) もちろん大人も参加できます。 電子デバイスでも遊べます。 想像をリレーして物語を作ってゆくので、写真の様に絵はそこまで巧くなくても大丈夫。 まず、物語の最初に出てくるものを参加者から募集します。 生き物、建物、風景、色、形、匂い、どんなものからでも物語が始まります。 絵に描ける物でなくてもOK。(たまに「無」から始まる物語さえあります。) 室内、野外を問わず、いろいろな状況で物語は生まれます。 順番で物語の展開、 「何が?」 「どうした?」 「どうなった?」 などを参加者に聞いてゆきます。 「それはどう思った?」 「それはなんて言った?」 なんて質問や、 時には 展開に困ってしまった司会役が 、「ここからどうしよう?」と、 参加者に質問を丸投げする事もあります。 たまに大人だけで作るときもあります。 恋愛系の物語なんかを作ると深みが出てきます。 最初にオチ担当の人を決めておき、 参加者を何周かしてオチ担当が物語にオチをつけたらそこで終わりです。 ハッピーエンド、物悲しいエンド、考えさせられるエンド、まだ続くエンド、 これで終わりなの?エンド、など千

「佐藤悠のKENMPOKU SONGS」

「佐藤悠のKENMPOKU SONGS」 youtubeで配信開始しました。 今回の作品は、茨城県北芸術祭の作品を紹介する歌を作り、PVを配信するというものです。 現在3作を公開していますが、会期中にもう少し増やして全8作になる予定です。 また、現地でも「旧美和中学校」「シビックセンター地下」で公開しており、今後も映像の設置場所は増えて行く予定です。 県北に行く前でも、行った時でも、行った後でも楽しめる内容だと思うので、ぜひ見てシェア、拡散お願いします。チャンネル登録もよろしく。 「佐藤悠のKENMPOKU SONGS」 うた:佐藤悠 曲:佐藤悠 西井夕紀子 撮影:瀧田夏輝 #1『ひとまず ノアズバス』 (「ノアのバス」テア・マキパー/作品番号 A-11 日立市)  うた:佐藤悠  曲:佐藤悠 西井夕紀子  撮影:瀧田夏輝 #2『たかとはまにまたそらがおちてきた』 (「落ちてきた空」イリヤ&エミリア・カバコフ/作品番号 B-05 高萩市)  うた:佐藤悠  曲:佐藤悠 西井夕紀子  撮影:瀧田夏輝 #3『観瀑AGAIN』 (「連続的可能性ー袋田の滝」ジョン・へリョン/作品番号 F-18 大子町)  うた:佐藤悠  曲:佐藤悠 西井夕紀子  撮影:瀧田夏輝 ウェブサイト:yusatoweb.com

「悩んではいけないワークショップ」のアーカイブ

  今年2〜3月にかけて行った、「オンラインワークショップ 4人のゲスト4つのテスト」 https://www.yusatoweb.com/guests-testsで 、 室井悠輔さん立案の「悩んではいけないワークショップ」のアーカイブインスタアカウントが立ち上がりました! https://www.instagram.com/nayandewaikenai/ このオンラインワークショップは、最初は室井さんが作った30種の画像を1枚づつ見て、「悩まずに」自由に解釈して浮かんだものを2分で描く(模写は厳禁)、というワークを30枚分=60分間行うというワークでした。 ワーク終了後、参加者は「一番悩まなかった絵」「一番悩んだ絵」を自分が描いた30枚の中から1枚づつ選び、その絵は次回の参加者がワークを行うときの30枚の画像として使用されます。 *添付画像参照 このワークショップは様々な環境で計4回行われました。 下記のインスタのアカウントでは、参加者が描いた「一番悩まなかった絵」「一番悩んだ絵」が今後随時更新されていきます。気になる方はぜひフォローを! https://www.instagram.com/nayandewaikenai/